鍼灸・美髪ヘナケア和あお

鍼灸・美髪ヘナケア和あおロゴ 心も身体も健康に美しく♪

»御予約・御相談はこちら

HOME > 初めての方へ

初めての方へ

鍼灸・ヘナの施術を受けたことがない方は、どういった治療なのかイメージが出来なくて不安に思われる方も多いかと思いますので、こちらで大まかに説明しておきたいと思います。

 あいさつ

はじめまして。友人・知人紹介の方、案内見ての方、あるいはたまたま見つけた方、「鍼灸・美髪ヘナケア 和あお」に興味を持っていただき、ありがとうございます。
当院では、身体になじみやすい自然療法(主に、中医学とインドのアーユルヴェーダ)により、不具合のある身体をやさしく整える治療を行っています。また、女性専用の治療院となっておりますので、女性お一人でも安心して施術を受けられるようになっていますので、お気軽にお越しください。

 伝統医学とは...?

伝統医学とは、現在主流の科学的な西洋医学とは異なり、世界各地でそれぞれ発展してきた独自の治療法・病理観を元にして発展してきた医学です。その中でも有名なのが、中国の中医学、インドのアーユルヴェーダ、ギリシャ・アラビアのユナニ医学があります。現在でもそれらの考え方は世界各地で支持されていて、それぞれの地域にあった手法を加えられて今も発展し続けています。

 鍼 灸 ~ Acupuncture and Moxibustion ~

当院「和あお」で行う鍼施術は、鍼管を用いた刺鍼方法(管鍼法)で行っています。この方式は、日本独特で江戸時代に杉山和一という方が考案したもので、鍼が皮膚を突き抜けるときの刺痛を鍼より少し短い管で皮膚を押さえることにより和らげてくれるものとなっていますので、痛いんじゃないかと思われている方も安心して受けられますよ。灸施術は、筒灸(艾を小さな筒状にし、厚紙にくっついている物)を中心に用いていますので、直接皮膚の上に置くことはしません。そのため、熱いという感覚より、温かくて気持ちいいと感じられるものとなっています。施術する箇所は、痛みや不快感がある箇所だけでなく、経穴(俗にいうツボ)とよばれる部位にも刺激を行います。これは、痛み・不調が起こっている箇所が必ずしも痛み・不調が出ている原因ではないことが多いからです。鍼灸療法で有効性がある鍼灸疾患を下部に挙げておきます。

鍼灸療法による適応症の例
神経系疾患
神経痛(坐骨神経痛など)    ・ 神経麻痺(顔面麻痺など)    ・ 自律神経失調症     ・ 緊張型頭痛    
・ 末梢性眩暈    ・ 不眠     など
運動器疾患
・ 関節炎(変形性膝関節症など)    ・ リウマチ    ・ 頸肩腕症候群     ・ 頚椎捻挫後遺症    ・ 五十肩    
・ 腱鞘炎    ・ 腰痛    ・ 外傷の後遺症(骨折、打撲、鞭打ち、捻挫などによる)    など
循環器系疾患
・ 心臓神経症    ・ 動悸    ・ 息切れ    など
呼吸器系疾患
・ 気管支炎    ・ 喘息    ・ 風邪および予防    など
消化器系
・ 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)    など
代謝内分泌系疾患
・ 糖尿病    ・ 痛風    など
生殖・泌尿器系疾患
・ 性機能障害    ・ 陰萎(ED)    など
婦人科系疾患
・ 更年期障害    ・ 生理痛(月経困難症など)    ・ 月経不順    ・月経前症候群(PMS)     ・ 冷え症    
・ 不妊    など
耳鼻咽喉科系疾患
・ 耳鳴り    ・ 難聴    ・ メニエール病    など
眼科系疾患
・ 眼精疲労(疲れ目、かすみ目など)    など
小児科系疾患
・ 小児神経症(疳の虫など)    ・ 小児喘息    ・ アトピー性皮膚炎    など

※現在、太字で書かれた6疾患に関して保険診療が認められていますが、健康保険を利用する際には、医師の同意書が必要になります。また、窓口では全額支払いになっています。後日、保険者へ請求し返還が行われる形の償還払いが原則です。


 ヘ ナ ~ Henna ~

アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)の治療法の一つです。ハーブであるミソハギ科の樹木(和名:指甲花)の葉を乾燥させた物を粉末状にし、水で溶いた物を頭皮と髪に塗ることで、頭皮と髪のケアを行います。ヘナを頭皮に塗布することによって、身体全体にも次のような影響を与えます。体内にこもった熱の放出や血流も良くなりますので、デトックスの効果があります。また、古代エジプト、クレオパトラの時代では、ヘナの持つローソンという色素(赤色・オレンジ色)を活かして、染料(マニキュアなど)として使用していた経緯もあり、現代でも皮膚の弱い方が天然の白髪染めとして利用されることも多いです。ヘナケアの効果を下部に挙げておきます。

ヘナの効果
・ 髪質を丈夫にする
・ 傷んだ髪の保護
・ フケや頭皮のかゆみ予防(余分な脂質を排出)
・ デトックス( 便秘解消、PMS(月経前症候群)など)
・ 体内にこもった内熱の放出(頭痛、更年期障害など)


 施術の流れ


 ① 御客様に、問診票を記入していただきます。
 ② 貴重品、上着等をロッカーに入れていただき、着替えが必要な方は、着替えていただきます。
 ③ 問診と状態の確認を行います。
 ④ 施術前に使用する道具、所要時間を簡単に説明後、施術を行っていきます。
 ⑤ 施術後の状態確認をして、終了になります。



 施術前・施術後の体調について

施術前の体調によっては、鍼灸・ヘナケアを受けられない場合があります。また、初めて鍼灸・ヘナケア施術を受けられる方や神経過敏な方は、急な身体の変化に戸惑う方もいらっしゃいます。下記に注意点等記載してますので、参考にご覧ください。

施術前の注意点

施術後の過ごし方について

鍼灸施術後の体調の変化は、人によって出方が様々で、施術直後から眠気やだるさを感じたり、2~3日後に筋肉痛様な鈍痛を感じる場合があります。これらの症状は、鍼灸施術により身体の免疫反応や筋肉の緊張バランスの変化から生じていますので、むしろ身体が治ろうとしているサインととらえて下さい。施術後に眠気やだるさを感じたら寝ることを推奨します。また、施術後にお風呂に入っていいのかという質問をよく受けますが、施術後の余韻がなくなった頃(30分後~)に入る分には、血圧等も安定していますので普段通りに入っていただいて問題ないです。
ヘナケア後は、デトックスの効果で排泄が促されますので、水分補給をしっかりされてください。

 来所時にお持ちいただくものなど

鍼灸

  フェイスタオル靴下 をお持ちください。

来所される際は、服がめくりやすいゆるめの軽装かつ普段着でお願いします。特に肩背部の治療を行う場合、襟元が拡がる可能性があるので、キャミソール等のインナーの着用やパーカー持参ををおすすめします。
高級なお召し物やお気に入りの服にお灸の臭い等が付着する場合がありますのでご注意ください。(必要であれば、御着換えをお願いする場合もございますので、ご了承ください。)
ヘナ
来所される際は、普段着でお願いします。ヘナの染料によりお召し物が汚れてします場合がありますので、ヘナ施術を受ける際には当院で準備しました施術着に着替えていただきます。
美顔を行う際、デコルテ(鎖骨付近まで)触れますので、インナーが汚れる場合がありますのでご注意ください。
ページのトップへ戻る